So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
レッスン アイディア ブログトップ
前の10件 | -

4/19 逆瀬台 [レッスン アイディア]

木曜、逆瀬台でのルンバとワルツのレッスンでした。

前半は、ラテンアメリカンのルンバ。シャドー・ポジションを使うフィガーとしてスライディング・ドアーの練習。男子と女子が別々の方向に移動するフィガーの代表として

後半は、スタンダードのワルツ。移動を止めてポーズを見せるピクチャー・フィガー「スローアウェイ・オーバースエー」の練習。

(更新2018年4月22日)
ブログランキング参加しております。クリックお願いします。
↓↓↓

社交ダンス ブログランキングへ
IMG_20180419_150435.jpgIMG_20180419_150415.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

4/5 逆瀬台 ルンバ ワルツ [レッスン アイディア]

木曜、逆瀬台でのレッスンでした。

前半は、ラテンアメリカンのルンバ。

男子と女子が異なる方向に移動し華やかな動きの「スライディング・ドアー」の練習でした。

社交ダンスのラテンアメリカン・ダンスでは、次の3つにフィガーを分けて考えるとよく理解できます。
①男子と女子が同じ方向に移動するフィガー、ベーシック・ムーブメント、ニュー・ヨークなど。初級、入門コースで説明されるフィガーです。
②男子が踊りの中心にとどまり、女子がその周りを移動するフィガー、オープン・ヒップ・ツイスト、アレマーナなど。
③男子と女子が逆方向や異なる方向に移動するフィガー、スライディング・ドアーなど。

今回は③のフィガーを説明し練習しました。

後半は、ワルツ。

ダブル・ターニング・ロックからのスローアウェイ・オーバースエーの練習でした。



(更新2018年4月5日)
ブログランキング参加しております。クリックお願いします。
↓↓↓

社交ダンス ブログランキングへ
IMG_20180405_225154.jpg
IMG_20180405_225220.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

3/15 逆瀬台 ジルバとワルツ [レッスン アイディア]

木曜、逆瀬台でのジルバとワルツのレッスン。

前半は、ラテンアメリカンのジルバ。前回の続きとして両手ホールドのフィガーのボディ・ポジションの変化について説明しました。

後半は、スタンダードのワルツ。上のジルバで行ったボディ・ポジションの変化ではなく、相手との腰の位置を固定した状態でのピクチャー・フィガーの練習を行いました。

(更新2018年3月19日)
ブログランキング参加しております。クリックお願いします。
↓↓↓

社交ダンス ブログランキングへ
IMG_20180317_000740.jpgIMG_20180317_000804.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

3/1 逆瀬台 ジルバとワルツ [レッスン アイディア]

木曜、逆瀬台でのジルバとワルツのレッスンでした。

前半のラテンアメリカンはジルバ。ルンバのスライディング・ドアーのレッスン準備として両手ホールドのクレイドル、ジルバ・ウォーク、アメリカン・スピンを練習しました。指で相手の指を掴むのでは無く包むようにホールドすることを反復練習。

後半は、前回のワルツのターニング・ロックの発展としてダブル・ターニング・ロックからのピクチャー・フィガー「スローアウェイ・オーバースエー」の練習でした。スタンダードでは、相手との腰の位置関係であるボディ・ポジションを一定に保ちつつステップを踏む練習でした。

(更新2018年3月2日)
ブログランキング参加しております。クリックお願いします。
↓↓↓

社交ダンス ブログランキングへ

IMG_20180301_153239.jpgIMG_20180301_153221.jpg
nice!(1)  コメント(0) 

2/15 逆瀬台 ルンバ、ワルツ [レッスン アイディア]

木曜、逆瀬台でのレッスン。

前半のラテンアメリカンは、ルンバの「オープン・ヒップ・ツイスト」「ホッキー・スティック」を重点に説明し、二人の距離が近づいたり離れていくことを中止に説明し反復練習としました。

後半は、スタンダード。ワルツの「ターニング・ロック」を練習しピクチャー・フィガーのために「ダブル・ターニング・ロック」を練習しました。

(更新2018年2月15日)
ブログランキング参加しております。クリックお願いします。
↓↓↓

社交ダンス ブログランキングへ

IMG_20180215_150454.jpgIMG_20180215_150500.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

2/1 逆瀬台 ルンバ、チャチャチャ、ワルツ、タンゴ [レッスン アイディア]

木曜、逆瀬台でのレッスン。先週と同じく、前半ラテンアメリカンのルンバでターンの基礎練習を行い、チャチャチャのロックで足を交差する練習に繋げて行いました。

後半は、ワルツのターニング・ロック、タンゴのロック・ターンの練習としました。

(更新2018年2月15日)
ブログランキング参加しております。クリックお願いします。
↓↓↓

社交ダンス ブログランキングへ

IMG_20180201_150433.jpg

IMG_20180201_150438.jpg




nice!(0)  コメント(0) 

1/26 天満橋 初級 チャチャチャ [レッスン アイディア]


金曜、天満橋ジャンティでの初級チャチャチャの予定でしたが、男性の生徒様がお一人でしたので、リクエストを聞いてレッスン。

希望は、フォックストロットが踊れるようになるとのこと

スタンダードの踊り方を説明。スタンダードはLODを理解して「壁斜め」と「中央斜め」の二つの方向で使うフィガーのグループであるルーティンを何パターンがマスターすることが大切と考えます。

「壁斜め」ならば、右足から踊り始め、
カーブド・フェザー SQQ ⇒ ランニング・フィニッシュ SQQ ⇒ フェザー・ステップ SQQ

「中央斜め」ならば、左足から踊り始め
リバース・ターン SQQ ⇒ フェザー・フィニッシュ SQQ ⇒ スリー・ステップ SQQ

の反復を説明しました。

来週は、種目が変わり初級はブルースかフォックストロット、中級はチャチャチャ。


(更新2018年2月2日)
ブログランキング参加しております。クリックお願いします。
↓↓↓

社交ダンス ブログランキングへ

nice!(0)  コメント(0) 

1/25 逆瀬台 ルンバ、チャチャチャ、ワルツ、タンゴ [レッスン アイディア]

木曜、逆瀬台でのレッスン、今回も足を交差するロックの動作を伴うフィガーを繋げての練習。

前半のラテンアメリカンは、ルンバの基本動作の練習から初め、チャチャチャのオープン・ロックをスリー・チャチャチャで練習。

後半は、チャチャチャのロックからワルツのターニング・ロックへ繋げての練習、最後はタンゴのロック・ターンからシンコペートでのロック。

(更新2018年2月6日)
ブログランキング参加しております。クリックお願いします。
↓↓↓

社交ダンス ブログランキングへ
IMG_20180201_150433.jpgIMG_20180201_150438.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

沢山のフィガーを使うルーティンのメリット [レッスン アイディア]

最近のレッスンでは、フィガーを限定したルーティンを使っているが、反対の考え方もある。

少ないフィガーを使った練習ルーティンは、動きが単調になっり、覚える量が少ない。

しかし、沢山のフィガーを使った練習ルーティンは、動きが複雑になり、覚える量が多い。

だから、少ないフィガーを使った練習ルーティンよりも沢山のフィガーを使った練習ルーティンの方が、動きながらフィガーをを思い出す練習になると言える。



ブログランキング参加しております。クリックお願いします。
↓↓↓

社交ダンス ブログランキングへ

フィガーを限定するレッスン [レッスン アイディア]

先月の土曜、ワルツの初級コースでは、フィガー「ウイスク」を使用禁止としながらレッスンを進めました。

コアとなる小さなルーティンを決めて、反復でも良し、フィガーを入れ替えても良しとしながら踊り続ける練習を行ないました。

これにより男子がフィガーを組み立てる練習ができたと思います。

8月はタンゴの初級コースが2クラスあるため、今回もフィガーを限定しようと考えています。

タンゴの踊り始めは、「ウォーク」「プログレッシブ・リンク」「クローズド・プロムナード」が最も良く踊られます。
なので、フィガー「プログレッシブ・リンク」をしばらく使用禁止にして、「ファイブ・ステップ」「リバース・ターン」「ウォーク」を中心にしてレッスンを組み立てる予定です。


ブログランキング参加しております。クリックお願いします。
↓↓↓

社交ダンス ブログランキングへ
前の10件 | - レッスン アイディア ブログトップ